認印は個人にとって大切な印鑑

認印イメージ

「認め印」は、いちばんいろんな人の目に触れる印章で、実はとっても大切だというお話をしましたね。
今度は、SOHOや個人自営業など、個人で仕事上の契約書や領収書などにハンコを押す機会のある人の話をしましょう。

私なんかもそうですが、最初に個人で仕事を始めた時って、だいたい認め印を押しちゃうんですよね。
だって、とりあえず印鑑押さなくっちゃと思うし、実印と銀行印は違うじゃない?
だったら、残るのは認め印しかないんだもの。

【ゴム印をメーカーならではのお手頃価格で最短お届け】
オリジナル文字のゴム印から、オリジナルで作成したデータで作るゴム印など、種類も豊富にラインナップ。

でも、認め印は、個人にとって意外と大事な印鑑。
個人情報保護法に守られている企業との契約書ならまだしも、個人でのお仕事のやりとりなんて、取引先がその書面をどう保管しているか、どう処分するかわかったものじゃないでしょう?

だったら、仕事に使う印鑑は、個人で使用している印鑑とは別なものにするってのが、賢い選択。
さらに、個人で使用するものも、権利や義務の発生する契約用のものと、不特定多数の人の目に触れるものとに分けておくのが正解です。

仕事で印鑑を使用するのって、SOHOや個人自営業の人だけじゃないですよね。
業務上、自分の印鑑を押しなさい、と言われる人もいると思います。

そういう人も、仕事用の印鑑を分けて作っておくのが良いです。
認め印も、書体を変えれば結構かっこよかったり、複雑だったりするものもできるし、SOHOや自営業で使用する印鑑はそもそも認め印サイズである必要もありませんから、少し大きなものを作ることも可能です。
使う場面を想定して、印鑑の使い分けをしたいものですね。

〔オススメ関連商品のご紹介〕

日本の四季をイメージした、和柄の印鑑が登場。
「和」の落ち着きある彩りが、心をなごませてくれます。
おそろいの柄のケースがセットになっていて、プレゼントにも喜ばれます。

ご購入はおしゃれはんこの専門店《キレイはんこ》から

ページの先頭へ