4つの会社印

社印イメージ

ところで、「社印」って個人自営業でも作ってもらえることをみなさんは知っていますか?
会社を設立するのとは違い、個人自営業で社印を作る義務はないのだけれど、個人自営業だから社印を作ってはならないってことではないんです。
一般に、社印には4つの種類があります。

【チタン印鑑はとても注目、重宝されている材質です】
耐久性、耐熱性に優れたチタン印鑑は、実印や銀行印など生活の重要なシーンにとっておすすめ印鑑です。

まず1つは、「代表印」。
これは、個人の実印に当たるもので、法務局に登録してある印鑑のことです。
ぶっちゃけ、個人自営業では登記申請がありませんから、必要はありません。

2つめは、「銀行印」。
社名+銀行印であることを記載した印鑑で、銀行口座を作る時に使う印鑑です。
例えば、楽天銀行の個人ビジネス口座のように、自営業でも開設できる事業用口座もありますが、基本的には個人用の口座を併設するものですから、これもまた、個人用の銀行印があれば済みます。

3つめが、「社印」。
上記2つも広義には社印と呼ばれますが、こちらの社印は「社名が書かれた印鑑」という意味になります。
個人自営業として届け出ている人ならば、屋号がありますから、屋号を記載した社印は、作ることができますね。

4つめは、「役職員」。
これは、社名のほか、支店長だったり部長だったりという役職名が記載されているものです。
個人自営業では一見必要なさそうに見えますが、登記がないために「代表印」がありませんから、個人自営業では、役職員の扱いで代表印を作ることができます。
つまり、個人自営業であっても、きちんと自営業の届け出がしてあり、屋号を持っているのであれば、社印は問題なく作れるということなのですね。

〔印鑑のHOT☆TOPIC〕

いま流行の【デコネイル印鑑】をご存知ですか?
スワロフスキーやアクリルペイントなどのネイルアートを 印鑑に施した、おしゃれはんこです。
細部までこだわった、3Dならではの繊細さが魅力的!

デコネイル印鑑のご購入はこちらから

ページの先頭へ